産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科の医師求人なら転職サイトに登録を

医師の求人案件の中でも、自身の特性に合った診療科で条件を絞って求人を探す場合は、転職サイトを利用する方法が断然有利です。

リクルートドクターズキャリアに代表される医師専門の転職サイトには、非公開求人を10,000件以上保有している上条件別の検索機能が充実しています。他では出会えない好条件の産婦人科の医師求人を探すならまずご登録をおすすめします。

産婦人科の医師求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 産婦人科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
★★★★★ 詳細



医師転職ドットコム ★★★★ 詳細



エムスリーキャリア ★★★★ 詳細



産婦人科医の求人先の探し方は?人気サイトは?

近年では成り手の減少から、産婦人科における医師不足の状況が続いているような状況です。ですから、個人レベルでの転職活動なんてものでも、十分に産婦人科の求人を見つけ出すことは可能でしょう。他の人気のある診療科であれば、なかなかに求人を探すということでも苦労はするでしょうが、産婦人科は特に医師不足の傾向が高いために、どの医療機関でも広く募集しているということが多いのです。

ただし良質な案件となれば、話は変わってきます。売り手市場であるからこそ、より良い条件を提示してくれるような医療機関を選択することがベターな選択だと言えるでしょう。特に産婦人科という診療科は、総合病院から中小病院、さらには個人クリニックに至るまで、多くの医療機関が広く募集していますから、勤務地や給与や勤務条件まで、非常にさまざまにあるということなのです。

こういった中で、自分のこだわりの条件を満たした職場と巡り会うためには、リクルートドクターズキャリアを代表とする医師専門の転職支援サービスサイトを利用するということが大事になってきます。需要が高く、個人レベルでの転職活動でも十分に見つけることができるものなのに、なぜこういった転職支援サービスサイトを利用するべきなのかということなのです。まず一番に挙げられるのは、手間のかかり方が全く違ってくるということなのです。

個人レベルの転職活動では、条件面から職場環境までさまざまなことを情報収集をしなければならなくなりますよね。しかしながら、転職支援サービスサイトを利用すれば、自分の条件をそれぞれのサイトに在籍しているキャリアコンサルタントに告げるだけで良いのです。条件にマッチングしている転職先を紹介してもらい、その中から自分の気に入ったものをチョイスするだけになります。最初から厳選されていて、自分にマッチングしているものの中から、選ぶだけでいいだけになりますから、かなりの手間を省くことになるといえるでしょう。

そして何よりも求人の質というものが、個人レベルの転職活動とは、格段に違ってくることになるのですよ。リクルートドクターズキャリアであれば、その運営母体となっているのは、転職支援の最大手であるリクルートグループになります。長年の実績によって、各医療機関が寄せる信頼度というものはかなり高いものなのですよ。ですから、そこら辺の求人媒体なんてものを利用するよりも、信頼と実績の高いこういったサイトを利用することを選択するのですよ。

産婦人科医の転職のコツは?

ここ10年くらいは、ずっと医師不足や看護師不足ということが叫ばれていますね。現在でも医療業界では、人材不足は蔓延しているのですが、その中でも特に人材確保に躍起になっている診療科のひとつが産婦人科という診療科になります。それぞれの医療機関がさまざまな対策を講じていますが、やはり医師不足の解消には至っていないというところが現実です。

こういった人材不足の傾向が高い産婦人科においての転職のコツというものが、どういったものであるのかを紹介していきましょう。まずは、医療業界に関わる仕事のほとんどが売り手市場の状況であるということ。これはまず間違いありません。こういった状況の中でも、産婦人科という診療科は特に売り手傾向が強いものなのですよ。ですから、基本的には、自分の希望条件というものを叶えることが比較的に簡単にできるものなのですよ。

しかしながら、やはり個人レベルでの転職活動でということになれば、年収の交渉から勤務時間までの交渉まで、さまざまな交渉事を個人で行なっていかなければならないのです。まだ採用も決まっていないうちの面談から、こういったものを声高に交渉するというのは、さすがに抵抗というものを持つものではないでしょうか。ヘッドハンティングをされたという場合であれば、強気に交渉をするということもできるものでしょうが、転職を希望し、こちらから応募をしている上に、こういった交渉ができるドクターは、いくら売り手市場とは分かっていても、なかなかにできるものではないのではないでしょうか。

こういった場合には、やはりリクルートドクターズキャリアのような転職支援サービスサイトを利用するのが一番でしょう。こういったサイトを利用すれば、そこに在籍しているキャリアコンサルタントが、病院側とさまざまな交渉を行なってくれることでしょう。提示されている条件面が気に入らなければ、それを伝えることによって、交渉を行い、改善してくれるというケースも十分に考えられます。産婦人科という人材不足が深刻化している診療科であるからこそ、条件面でのこだわりは、しっかりと出すようにしましょう。

産婦人科の転職活動のコツは、こういったところにあるといえるでしょう。個人レベルの転職活動では、容易に行うことができないハイレベルな交渉が、転職支援サービスサイトでは行なっていくことができるというわけです。都市部や地方というようなエリアを選ばず、良質な転職先と巡り会うことが可能になるでしょう。

産婦人科医の募集先は?

産婦人科医という診療科は、医師不足の傾向が高く見られる診療科として知られています。その理由はさまざまにありますが、まずは激務であるということです。出産というイベントは、時と場所を選びませんからね。出産予定日なんてものは、計算はできるものの、正直いつ生まれてもおかしくない状況なのです。つまりは医師は24時間体制で患者さんの出産に対しての準備を整えていなければならないということなんですね。

これはどういうことかというと、土日休みであるとか、日勤のみの勤務なんてものが選ぶことが難しい診療科であるということなのです。自分のプライベートを削ることが当たり前の診療科であるといえるわけです。その他にも、やはり出産そのものが、大変なイベントなわけですから、激務であるということは当然なわけです。それにプラスして、出産ばかりではなく希望をされれば、堕胎手術を行うことも出てきます。生命の誕生ばかりではなく、希望はされてはいるものの、もうそこにある命というものを断つという仕事も産婦人科医の仕事になってくるわけです。

近年では羊水検査の是非なんてものが報道されて、問題になっていますが、これらの検査を実施したり、場合によっては堕胎手術を行うということも産婦人科医の仕事になってきます。さらには出産にまつわるさまざまなことで、訴訟問題にも発展しやすい診療科として知られています。こういったことから、若い医療学生が産婦人科を目指すというケースが非常に減ってきているわけです。医師不足によって、地方の過疎地域などでは、産婦人科を廃科しているような総合病院や市立病院も出ているような現状です。

この結果市長選挙の公約のひとつに産婦人科を増やすということも珍しくないくらいの世の中になっているのですよ。選挙の公約に病院施設や需要の高い診療科などの充実を掲げるほどに医師不足が深刻化しているということなのです。転職活動においては、情報収集というものがもっとも大事だと言われていますが、転職を目指すエリアの違いによって、情報収集が比較的に簡単に行うことができるところと、そうではないエリアとが存在しているものなのです。

全国各地に展開しており、それぞれのエリアの医療事情を知っているところとなると、医師専門の転職支援サービスサイトが一番情報量を持っているといえるでしょう。リクルートドクターズキャリアなどの大手のサイトであれば、その募集先の情報量もかなり多く、細かなところまで収集することができますよ。


Copyright (C) 2015-2018 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.