産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の転職の基礎 >> 産婦人科医の年収の相場

産婦人科医の年収の相場

産婦人科のドクターとして転職を目指している方の中では、産婦人科のドクターって一体いくらくらいの年収をもらえているものなのかというところは非常に気になる所ではないでしょうか。年収相場というものを知っていることによって、転職先が提示している年収が適正であるのか、それとも優遇されているのか、逆に渋いというものであるかを判別することができますからね。

ドクターの年収というものは、さまざまな違いによって、年収というものに差が生まれるというのがスタンダードな考え方なのです。たとえば、診療科によっての違いもありますし、もちろんキャリアや実績や年数なんてものによっても変わってきます。他にも働くエリアによっても違ってきますし、勤務時間の違いというものによっても、年収に大きな差が生じるということを覚えておきましょう。

こういった違いがあるため、一概に産婦人科のドクターの年収はコレですというようなことは言えません。自分が希望をする勤務条件や勤務地、さらには自分のドクターとしてのキャリアなんてものを考慮して、第三者に査定をしてもらうというのが一番なのです。そこで利用してほしいのは、リクルートドクターズキャリアなどを代表とする、転職支援サービスサイトの存在なのです。医療業界と働きたいエリアの病院事情なんてものを知っているキャリアコンサルタントに相談をすることによって、自分の適正年収というものを導き出してくれるはずですからね。

公的機関の場合であれば、基本的に診療科が違っても、給与体系というものは同じものになります。実力があろうとなかろうと、階級というものがあり、それに対しての金額が決まっていますからね。問題になってくるのは、民間の病院施設なんですね。エリアでいえば、産婦人科のドクターで一番年収が優遇されているのは、中部エリアだと言われています。次いで東北、九州、関東、関西という順番になっています。関東エリアであれば、なんでも一番というわけではないのです。

中部の場合でも、その勤務時間によって年収には大きな差が出てきますから覚えておきましょう。当直平日週1回、土日で月1回、週に5日勤務、その上で待機が月6日という場合では、年収約2100万円から2200万円というのが相場です。当直が平日週1回で、休日が土日。さらに待機日なしというケースでは、年収は約1900万円になります。当直なしというような勤務スタイルになった場合には、年収で約1500万円から1700万円と言われており、このように勤務時間でかなり金額に差が出てくるということを覚えておきましょう。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.