産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の転職の基礎 >> 産婦人科医の面接のポイント

産婦人科医の面接のポイント

どんな職業であっても、転職を成功させるためには、面接というものを行わなければならないでしょう。いくら売り手市場の医療機関の職種であるとしても、それは同じことなのです。産婦人科医という超売り手市場の職種であっても、面接は避けては通れません。そしてその面接にもポイントというものを押さえて臨む必要があるのです。それこそが転職成功のコツになってくるのですよ。

産婦人科の面接においては、高齢出産の増加によって、ハイリスクになった分娩に対しての姿勢であったり、対応力というものが重要視されることが多いといえるでしょう。これまでの産婦人科医としての経験や症例数などを中心に、質問をされることが多くなることが予測されます。ですから、それらのことを自分なりにしっかりとまとめておくことが重要なのです。

また夜間の呼び出しに対しての対応というようなことや、オンコールに関しての考え方というものについても、質問をされることが多いことでしょう。ここで嘘をつく必要はありません。自分の条件というものが、こういったものに対しての対応ができないというものであるならば、なぜそういう風に思うのかをしっかりとまとめておくべきでしょう。そしてそれを面接時にぶつけることが大事になってくるのです。

産婦人科における手術可能な範囲というものにも質問が及ぶことも普通にあるようです。腫瘍が専門なのか、子宮筋腫や乳がんの手術経験やスキルや知識というものを有しているのかどうかということですね。こういった面接時に質問をされることを、予め予測しておき、答えを用意しておくということは転職成功のためには、非常に大事なアクションになってくるのです。

こういったことは、リクルートドクターズキャリアなどを始めとする、転職支援サービスサイトを利用して、面接対策を立てておくことをオススメします。医療業界の変化などに詳しいだけでなく、他の職種の転職支援なども行なっているわけですから、書類作成のポイントや、面接のポイントというものを把握しているというのは、当然のことなのです。こういったサイトを利用することで、最新の医療業界の情報を手に入れることもできますし、需要の高いドクター像というものも把握することができますよね。それにプラスして、転職を希望されている医療機関が求める人材の情報も把握することができますから、面接対策に必要な情報をすべて収集することができるわけです。




Copyright (C) 2015-2018 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.