産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の転職の基礎 >> 産婦人科医の募集先

産婦人科医の募集先

産婦人科医という診療科は、医師不足の傾向が高く見られる診療科として知られています。その理由はさまざまにありますが、まずは激務であるということです。出産というイベントは、時と場所を選びませんからね。出産予定日なんてものは、計算はできるものの、正直いつ生まれてもおかしくない状況なのです。つまりは医師は24時間体制で患者さんの出産に対しての準備を整えていなければならないということなんですね。

これはどういうことかというと、土日休みであるとか、日勤のみの勤務なんてものが選ぶことが難しい診療科であるということなのです。自分のプライベートを削ることが当たり前の診療科であるといえるわけです。その他にも、やはり出産そのものが、大変なイベントなわけですから、激務であるということは当然なわけです。それにプラスして、出産ばかりではなく希望をされれば、堕胎手術を行うことも出てきます。生命の誕生ばかりではなく、希望はされてはいるものの、もうそこにある命というものを断つという仕事も産婦人科医の仕事になってくるわけです。

近年では羊水検査の是非なんてものが報道されて、問題になっていますが、これらの検査を実施したり、場合によっては堕胎手術を行うということも産婦人科医の仕事になってきます。さらには出産にまつわるさまざまなことで、訴訟問題にも発展しやすい診療科として知られています。こういったことから、若い医療学生が産婦人科を目指すというケースが非常に減ってきているわけです。医師不足によって、地方の過疎地域などでは、産婦人科を廃科しているような総合病院や市立病院も出ているような現状です。

この結果市長選挙の公約のひとつに産婦人科を増やすということも珍しくないくらいの世の中になっているのですよ。選挙の公約に病院施設や需要の高い診療科などの充実を掲げるほどに医師不足が深刻化しているということなのです。転職活動においては、情報収集というものがもっとも大事だと言われていますが、転職を目指すエリアの違いによって、情報収集が比較的に簡単に行うことができるところと、そうではないエリアとが存在しているものなのです。

全国各地に展開しており、それぞれのエリアの医療事情を知っているところとなると、医師専門の転職支援サービスサイトが一番情報量を持っているといえるでしょう。リクルートドクターズキャリアなどの大手のサイトであれば、その募集先の情報量もかなり多く、細かなところまで収集することができますよ。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.