産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の転職の基礎 >> 産婦人科医の悩み

産婦人科医の悩み

産婦人科特有の悩みというものはどういったところがあるのでしょうか。こういったものを把握しておくことによって、転職活動に有利な行動を取れるようになるのは、言うまでもありません。産婦人科医が抱える悩みというものをしっかりと把握しておきましょうね。

まず産婦人科の変化として、分娩というものを何のリスクもないものとして捉え、食事というものを一流フレンチなどを出すというような形にして豪華にし、部屋というものをまるで一流ホテルのように飾り、アメニティーというものを重視した経営を行なってきたということが挙げられます。料金というものもそれに伴って、かなり高い設定にしている病院や施設が増加したということにあるのです。

しかし、時代が進み、経済危機が訪れた結果、分娩というものに対しての個人の考え方というものに変化というものが見られるようになりました。分娩に対しての考えが、それまでもバブルな考え方から、現実をみるようになったというような変化が見られるようになったのです。

結果経営に行き詰まったさまざまなクリニックなどが、廃院に追い込まれるという事態に陥り、産婦人科そのものが、そのエリアから減少し、ひとつの医療機関やクリニックなどに集中するという事態が起こってしまったのです。結果として、そこで働く医師や看護師にかかる負担というものが相当量増えるという結果を招きました。いくら一人あたりの分娩数が減り、少子化というものが訪れているといっても、各地域における産婦人科の負担量というものは、相当なものになっている状況なのです。

そして晩婚化です。現代の男女は結婚が晩婚化している。結果として妊娠・出産をする平均年齢も上昇しているということを意味しているのです。年齢は重ねたけれど、子供は欲しい。当然に母体の健康も維持してほしい。こういったハイリスクな出産が現代では増加しているということです。これこそが現代の産婦人科が抱えている大きな悩みのひとつでもあるのです。

さらにプラスして、現代ではHIVやヘルペス、コンジローマやクラミジア、GBSなどといった感染症にかかる女性が爆発的に増えています。これは性への開放というものが以前の時代と比べて、現代女性に多いということを意味しています。出産の平均年齢上昇に加えて、これらの性感染症の問題があるため、昔のように行なっていては、産婦人科もやっていけないというのが、現代の産婦人科医の大きな悩みの一つといえるのではないでしょうか。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.