産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の転職の基礎 >> 産婦人科医の労働時間

産婦人科医の労働時間

医療に携わる人間というものは、時間がないと言われていますよね。ドクターでも看護師でも自分のプライベートの時間を確保することは難しく、それが大きな問題になっています。その中でも特に産婦人科のドクターというものは、労働時間というものが長いということで知られています。ここでは産婦人科のドクターの労働時間にスポットをあてて紹介をしていきましょう。

平成16年ころから、勤務時間が長く訴訟リスクも高いということから、産婦人科への成り手というものが少なくなっているというのが現状です。結果として人材不足に陥り、その中で在職中であるドクターや看護師や助産師といった人間にかなりの負担をかけているというのが現状なのですよ。

基本的には産婦人科という診療科は、患者さんあっての仕事ですから、終わりというものがあまり明確化されていないというのが現状なのです。朝から深夜帯まで仕事をするということも、まったく珍しくなく、むしろ当たり前ということが現状なのです。簡単な仕事の流れを説明すると、朝はやくからの回診。その後、分娩などの手術を午前中から昼過ぎまで行い、短い昼食を終えた後、すぐに担当している入院患者さんの診察であったり、検査といったものを行なっていく。

夕方あたりからは、それぞれの患者さんの緊急対応というものに追われる。その後落ち着いたら、カルテの整理や打ち込み作業を終える。さらにそこから調べ物であったり、個人レベルでの勉強を行いながら、緊急対応用に待機をするということを夜中の0時くらいまで行うという生活を繰り返していることがほとんどなのですよ。特に新人の産婦人科医であれば、こういった生活のすべてが産婦人科医としての肥やしになると考えることが多いですから、勤務時間に云々というようなことを訴える人間はまずいないことでしょう。

どんなに優秀な産婦人科医でも、24時間365日、たった一人でひとつの医療機関における産婦人科を診ることはできないものなのですよ。ですから最低常勤2名体制というものを敷いているものなのですが、前述にもある通り、長い拘束時間と、訴訟リスクなどの影響もあって、まったく人材確保ができないという状況にあるのが事実なのです。

ただし病院機関によっては、勤務時間に自由度の高い医療機関も存在しています。こういったものは、リクルートドクターズキャリアを代表とする医師専門の転職支援サービスサイトで転職活動をすることをおすすめしますよ。




Copyright (C) 2015-2018 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.