産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の求人の条件 >> 20代向けの産婦人科医の求人

20代向けの産婦人科医の求人

20代は医師になって間もない時期ですから、20代から転職活動をするなんてありえないと思いがちですが、実は20代向けの産婦人科医の求人はかなり存在しています。20代は医師になったばかりですから、常に緊張が強いられる産婦人科医の仕事に精一杯集中してしまうので、若くてフットワークが軽い20代でも一日の業務が終わると、どっと疲れて中には倒れてしまう人もいるくらいです。それだけ産婦人科医の仕事はとてもハードな仕事なのです。というのも分娩は24時間体制であるために土日休み日勤のみでは対応できないため、産婦人科医は24時間常にオンコールを受ける立場にあるからです。

それでも産婦人科医として活躍したい、知識を増やしたいと考える20代の医師は多く、そのような医師の間ではキャリアが積めるとか、最新の医療を学べるといった環境の病院に転職したいと願うようです。現在、産婦人科医は慢性的な人で不足にあえいでおり、病院側としてはまだ理解力があって、フットワークが軽く、体力もある20代医師を積極的に採用しようという動きがあります。そのため、産婦人科医の求人は20代で大変な売り手市場となっています。20代の産婦人科医に転職先として選ばれるためには病院側もかなりの好待遇を提示していますので、産婦人科医として長く働きたいと考えるのであれば、このような病院を選ぶと良いでしょう。お給料は大体月60万円前後はどの病院も提示してくれますので、それならば例えば、夜勤の回数を月4〜6回までとか、手術や外来を担当するのであれば2日連続の勤務にさせないという配慮がある病院を選んだ方が良いでしょう。まだまだ20代は仕事以外のことにも全力投球したい年代ですから、仕事一辺倒ではなく、プライベートの時間を大切にします。その時間が確保できるような条件を提示してくれる病院を選んだ方が後々の自分の産婦人科医人生でプラスになるでしょう。

現在産婦人科医の労働環境は劣悪と呼ばれても不思議ではないほど過酷な条件となっており、プライベートの時間はおろか、学会にさえ出席できないという産婦人科医もいるくらいです。そのような条件下では自分のプライベートが確保できないどころか、最悪な場合、患者さんや赤ちゃんに悪い影響を及ぼしてしまいます。20代は臨床研修制度を経て、知識や経験を増やしていく時期です。とても大切な時期ですから、学びたいことが学べて、かつ、ワークライフバランスがとれる職場を探しましょう。




Copyright (C) 2015-2018 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.