産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の求人の条件 >> 40代向けの産婦人科医の求人

40代向けの産婦人科医の求人

一般的な仕事で40代向けの求人というとかなり少なくなっていることが多いです。ある程度の実績や経験がなければ一般的な仕事での転職は難しいと言わざるを得ません。しかし産婦人科医の場合は少し状況が違っていて、40代向けの産婦人科医の求人数はかなりあるのです。男性、女性を問わず、産婦人科医の求人数は多い傾向にあります。大体40代の産婦人科医だと平均月150万円前後のお給料を提示しています。仕事内容は外来の他に病棟管理や分娩、婦人科検査などがあり、夜勤や月5回程度のところが一般的です。

産婦人科医が40代になっても求人数が多いのは全国的に産婦人科医が不足している傾向があるからです。大都市では産婦人科医の数が上向き傾向になってきましたが、それでも千葉や広島などで産婦人科医不足が深刻な状況であると言われています。求人情報の中には産婦人科医の引っ越し費用などを含めた赴任手当まで支給するところもあり、病院をあげて産婦人科医の獲得に動いています。地方の選挙でも公約に産婦人科医の人数を増やすとうたっている所もあるほど、私たちの生活にとても必要な存在でありながら、医師の不足に悩んでいる地域は多いのです。そのため産婦人科は40代になっても多くの求人案件があるので、あまり焦ることはないでしょう。転職サイトを利用して、今の仕事を続けながら転職活動を進めることが可能です。じっくり自分の希望条件と照らし合わせて自分に合った病院を選べばよいでしょう。

求人案件の中にはスローライフの実現をうたっている病院もあります。産婦人科医の仕事は常に神経を張り詰めた状態で行われています。これは女性の社会進出により高齢出産が増えたことが原因に挙げられます。また24時間常に分娩は起こりますから、なかなか休む時間が取れないということも産婦人科医の労働環境を悪化させる原因となっています。産婦人科医がオンオフをきちんと取れるように常勤医師を最低2名は確保しようとしている病院もありますが、産婦人科医の絶対数が少なくなってきているのでかなり難しい状況にあります。そんな中、地方でスローライフが実現できるという病院側の条件はプライベートの時間を確保したい医師たちにとって魅力的に映るようです。特に家庭をお持ちの医師の方でしたら家族を連れて移住する人もいます。40代というと家庭と仕事の両立を図りたい人が多いですから色々な求人案件を見て自分に合った病院を選んでください。




Copyright (C) 2015-2018 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.