産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の求人の条件 >> 50代向けの産婦人科医の求人

50代向けの産婦人科医の求人

深刻な産婦人科医の不足の状態が続いている日本では、年齢不問の産婦人科医の求人が多く見受けられます。一般的な企業ではいわゆる管理職にあたる年代である50代の産婦人科の求人も全国的に募集が行われています。50代向けの求人でしたら、やはりそれまでの産婦人科医としての経験を高く買われるケースが多いので、年齢など気にせずに転職活動を行った方が良いでしょう。外来や病棟勤務、分娩、オペなど色々な経験を積んでいる産婦人科医は特に病院側としては欲しい人材ですから、強気でアピールしても良いくらいです。50代というと一通りの経験を積み、またリーダー的な役割も経験している場合が多いので、即戦力として大変期待されています。年収や勤務条件などレベルアップのチャンスとなるかもしれないので、希望条件を提示しておきましょう。

産婦人科医というと分娩を扱うことから、24時間神経をはりめぐらさなければならない状態にあります。このまま分娩を行っていくのであれば、体力面の事を考えてプライベートの時間を確保できる病院を探すことをおすすめします。事実、医師の中には休日の日数が増え、労働環境がかなり改善されたうえに年収がアップしたという転職の成功事例がたくさんあります。またこのような勤務条件だけでなく、さらにキャリアアップを図りたいという熱意をもって転職活動をし、それを実現した医師もたくさんいます。中には分娩から離れて婦人科に行く人もいますし、更なるキャリアアップのために遺伝子の研究やや不妊治療など生殖分野の研究に進む人もいます。50代の転職は自分の進む道を見つけて転職先を選ぶ人が多いことも特徴と言えます。

産婦人科医の約4割が女性と言われています。女性の場合は出産や子育てで産婦人科医の仕事から一時期遠のいてしまわなければならないケースが多々あります。女性医師が抜けた穴を埋めるために他の産婦人科医がさらに過酷な労働条件となるという悪循環に見舞われることは日常茶飯事です。このような過酷な状況を打破するために病院側は少しでも良い待遇を提示したり、或いは常勤医師を2名以上確保するなど対処していたりする所がほとんどですから、50代の産婦人科医として自分が何を求めるのか今一度考えてみて転職活動に乗り出したら良いでしょう。年収や勤務条件の改善やキャリアアップをしたいのか、地域に根差した医療サービスに取り組みたいのか、離島でスローライフを楽しみながら産婦人科医として働きたいのかなど自分自身に問いかけてみてください。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.