産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の求人の条件 >> 60代向けの産婦人科医の求人

60代向けの産婦人科医の求人

日本の産婦人科医の労働環境は最悪の状態と言われています。産婦人科は人間の生命を扱う職場ですから、24時間の体制が必要なために、産婦人科医の人員が確保できていない病院だと一人当たりの産婦人科医の負担が大変重くなってしまい退職を余儀なくされてしまいます。また産婦人科医の約4割が女性であるために、出産で仕事を離れてしまうせいで、他の産婦人科医の負担が増えるケースも見受けられます。

プライベートの時間もなく働き続けなければならない状況を見て、若い医師たちは、本来生命の誕生に立ち会う尊い仕事である産婦人科医の仕事を嫌う傾向にあります。また出産は病気ではなく本来無事に子どもが誕生するものという意識が強いために、一度妊婦や胎児が死亡してしまうと産婦人科医は訴えられてしまいやすいという風潮が、さらに若い医師たちの産婦人科離れに拍車をかけてしまっています。こういう状況ですから、産婦人科医の人数は年々減少傾向にあり、大都市では少し持ち直してはいますが、それでも日本の産婦人科医の業界は危機的状況であるのは確かです。

60代を過ぎてくると、体力的に分娩に当たるのは限界を感じる医師が多く、それらの医師は産婦人科から分娩のない婦人科へ移行する流れがあります。産婦人科医は知力だけでなく体力も必要な仕事ですから、分娩を避ける傾向があるのは仕方がないことでしょう。しかし病院側からすれば、60代の産婦人科医はあらゆる症例に対処できるベテラン医師であるわけですから、喉から手が出るほど欲しい人材であるといえます。そこで60代以上の医師であっても好条件で採用されるケースが多々あります。年収が2,000万円を超えるものや、当直なしのもの、休日をしっかり確保できるものなど様々です。

産婦人科医は病院に勤務しているサラリーマン医師でなければ、基本的に定年はありません。自分が産婦人科医として職務を全うできるのであれば、70歳になっても、80歳になっても分娩を行ったり、外科手術を執刀したりしている産婦人科医はいらっしゃいます。60歳になったからといって、自分の可能性を小さく見てしまってはもったいないです。特に産婦人科という仕事は生命に関することですから未知の分野が多く、長年携わってきた産婦人科医の経験によるものを多くの病院では望んでいます。自分を犠牲にしてまで産婦人科医として働くのはあまりおすすめできないですが、年齢だけで判断して産婦人科医としての働き方を縮小するのではなく、その経験を活かす職場を活かせる職場を探すように動いてみてください。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.