産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の求人の条件 >> 夜勤なしの産婦人科医の求人

夜勤なしの産婦人科医の求人

産婦人科というと、一般の人の印象だと病床数が10未満の個人病院を想像してしまい、夜勤なしの産婦人科医の求人も中にはあるのではないかと思いがちです。特に産婦人科医が不足している状況でしたら希望勤務条件を提示しやすいので、大病院の産婦人科に行かなければ夜勤なしの勤務もありうるのではないかと思ってしまいそうですが、そう簡単にはいきません。産婦人科が妊産婦を扱う以上、急な分娩や容態の変化に対応しなければならないので、24時間体制で対応することが多く、そのため夜勤も避けては通れません。プライベートの時間を保つことができないため過酷な勤務になりやすい上に、処置の内容によっては訴訟対象になりやすい科であるため、産婦人科医の数がかなり減ってきています。

日本全国で産婦人科医が不足しているために多くの産婦人科では転職サイトなどを使って産婦人科医を募集しています。大手の転職サイトで求人内容の詳細を見ていただければ、どの病院も産婦人科医を獲得するために、年齢不問であったり、給与や待遇面で好条件を提示していたりするのが理解できるでしょう。夜勤は大体月4回から6回で、当直手当が1回あたり30,000円程度つくようになっています。大規模な病院であれば産婦人科医の数が多いのでチーム医療が可能なため、夜勤の回数が月3回程度になる所もあります。また地方都市では産婦人科医の不足が危機的状況にある所が多く、このような場所の病院では待遇面だけでなく、スローライフができるという産婦人科医がプライベートの時間も充実できるという風にうたっている所もあります。

個人の病院でも大病院でも、産婦人科医にとって夜勤なしの求人はないと思って良いでしょう。分娩はもちろんのこと、破水してしまったり、陣痛が始まったりしてしまうことは夜間でも十分にありますので、産婦人科医にとって夜勤は切っても切り離しができないものです。しかしそれでも最近では産婦人科医不足が深刻であるために、医師が充分な休養ができるように環境面が整った病院が多く現れるようになってきました。産婦人科医の仕事は体力的にも精神的にもとてもハードな仕事ですが、赤ちゃんとお母さんを守るとても尊い仕事です。赤ちゃんとお母さんたちを守るためにも、産婦人科医は自分の体調を管理しつつ業務に当たらなければなりません。そのために自分が働きやすい条件を提示してくれる病院を選ぶようにしましょう。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.