産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医の求人の条件 >> 転勤なしの産婦人科医の求人

転勤なしの産婦人科医の求人

勤務医には二種類あり、一つは医局に所属する医師と、もう一つは医局に所属しない医師です。医局とは大学教授を筆頭にして形成される研究機関で、医局に所属することで色々な研究に携わることができますし、また医師としてキャリアを形成することができるので、医局に入ることは大きなメリットとなっていました。特に学外から医師を要請されれば、医師を派遣するといった人事異動の権利も医局が握っているため、医局にいる医師は転勤もやむなしの所があります。しかしそれで医師としてのスキルアップに繋がったり、待遇がアップしたりすることが多いので、医局にいることが医師にとってメリットでもありました。しかし近年では上下関係の煩わしさから医局に所属しない医師が増えてきており、医局の崩壊と呼ばれる兆候があります。

現在日本の産婦人科業界では深刻な医師不足に悩まされており、選挙の公約で「産婦人科医を増やす」というものが掲げられるほどです。産婦人科では妊娠から出産まで女性をサポートする仕事で、生まれてきた赤ちゃんももちろんケアの対象となります。とても尊い仕事なのですが、激務であるため産婦人科の成り手がいない状況が続いています。赤ちゃんが生まれてくるのは24時間、土日も関係ないですから、産婦人科医は常に分娩や緊急手術に対応しなければならない状況にあるからです。

もともと産婦人科医に限らず、医師であれば転勤はやむなしという風潮があります。これは医師の絶対数自体が少ないことが原因の一つとしてあります。医師が不足していれば医局などでは要請を受ければ医師を派遣せざるを得ないのです。これが産婦人科医の場合だと前述したように医師不足が危機的な状況にありますから、産婦人科医が転勤命令を受けることは多々ありえます。特に家庭を持っていない独身産婦人科医であれば尚更転勤を命じられることが多くなるでしょう。転勤が多いことはとても大変ですが、一方で新しい環境で仕事をすることで貴重な体験を経験することができます。場合によっては更なるキャリアアップにつながる可能性があるので、一概に転勤が悪いとは言えないでしょう。

どうしても転勤はしたくないと願うのであれば医局に所属せずに自分の意思で転勤なしの病院で働くことをおすすめします。産婦人科医は減少傾向にあり、圧倒的な売り手市場にありますから、分娩の受け入れ態勢や転勤の有無などを事前に確認して、希望の勤務条件のところに転職しやすくなっています。産婦人科医として働きやすい自分にあった病院を選びましょう。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.