産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医のFAQ >> 産婦人科医の適性(向き・不向き)は?

産婦人科医の適性(向き・不向き)は?

産婦人科は生命が誕生する瞬間に立ち会う仕事です。24時間体制で分娩に当たりますから、知力の他に体力が必要となってきます。産婦人科医の仕事は激務が多く、一か月のうちに休みが取れるのは2日とか、月に当直が11回以上も当たり前というような状況の中で、多少自分を犠牲にしながらも、常に患者さんに対して医療というサービスを提供できる人でなければ産婦人科医はできないでしょう。最近の若い医師は激務の産婦人科医を敬遠する動きがあり、希望する診療科として一番は多額な治療費を請求できる美容整形や緊急事態が少ない眼科や皮膚科などが人気です。産婦人科は激務なわりに給料が安く、また訴訟になりがちなので、産婦人科医の成り手が少なくなってきています。

美容整形も訴訟は多いのですが、もともと美容整形は収入が高額であるため腕の良い弁護士を雇うことができるので、訴訟で負けることがあまりないのです。反面、産婦人科は医師に医療ミスが無くても訴訟の対象になりやすく、医療ミスではないと証明されたとしても社会的信用を失っているので相当なダメージを受けてしまいます。また多額な裁判費用や失った労力や時間を考えると、たとえ訴訟に勝ったとしても失うものが大きいのです。このような状況にある産婦人科医は年々減少傾向にあります。それでも女性の一生をサポートし、出産だけでなく、がん治療や遺伝子の研究、不妊治療など生命に関して幅広いアプローチをすることができる産婦人科の仕事は大変やりがいがあると言われています。

このようなタフな状況で産婦人科医に向いているのは神経質なくらいの人、母体や胎児に対して常に細かく気を配ることができる人が向いていると言えるでしょう。どんな小さな体調の変化も見過ごさない人でないと務まらない仕事です。生命の誕生という不思議な瞬間に立ち会うこともあれば、その逆として悲しい結末になることも多々あります。そんな時も動じず対処できる強い精神力も必要です。常に冷静で、物腰が柔らかく、そして前向きに対処できる人が産婦人科医に向いていると言えるでしょう。産婦人科の世界は未知の世界でもあるので、忙しい仕事の傍ら勉強を続けていける勤勉家でなくてはなりません。産婦人科は女性にとってとても心強い味方のような存在でなくてはなりませんから、高いコミュニケーション能力も必要となってきます。産婦人科医に向いている人とはこれらの要素を加味した人間的な魅力にあふれた人と言えるでしょう。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.