産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医のFAQ >> 産婦人科医に関する資格は?

産婦人科医に関する資格は?

大学の医学部に進学し、医師国家試験に合格したとしてもそれでゴールというわけではありません。研修医として2年間色々な診療科目で経験を積んだ後、産婦人科を選べば、晴れて産婦人科医としてスタートすることができます。それから日本産科婦人科学会で指定している病院でさらに3年以上研修を積み、学会で行われる試験に合格すると「産婦人科専門医」という資格を手にすることができます。よく産婦人科の待合室で掲示されている医師のプロフィールを見てみると、「産婦人科専門医」と記載されているのを見かけられるかもしれません。これは前述した資格を取得した産婦人科医を指しているのです。

産婦人科医としてさらにキャリアを積んでいくのであればおすすめの資格がいくつかあります。例えば日本周産期・新生児医学界の「周産期(母体・胎児)専門医」は学会在籍3年以上で、臨床経験が3年以上、規定以上の実績があって認定試験に合格することが必要です。日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会主催の「臨床遺伝専門医」は学会在籍3年以上、3年以上の遺伝医療研修と認定試験の合格が必要となります。その他日本超音波医学会の「超音波専門医」や日本婦人科腫瘍学会の「婦人科腫瘍専門医」、また日本臨床細胞学会の「細胞診専門医」や日本生殖医学界の「生殖医療専門医」、日本産婦人科内視鏡学会の「日本産婦人科内視鏡学会技術認定医」、日本更年期学会の「更年期専門医」などがあります。産婦人科医の仕事は女性の健康をサポートすることの他に、新たな生命の誕生に立ち会うという仕事があり、資格取得の勉強を通して更なるキャリアアップを図ることができるようにしています。どの資格も試験の他に臨床経験が必要ですから、単なる知識だけでなく、実際の現場での経験をもとにした資格ですから、取得する意義は大変大きなものがあるといえます。

産婦人科医の仕事は多忙を極めており、その傍らでの資格取得の勉強はとてもハードなものとなるでしょう。しかし次の世代に命をつなぐという重要な役割を持つ産婦人科医の仕事は大変やりがいのある仕事ですから、多くの産婦人科医が忙しい中なんとか時間をつくってキャリアアップに努めています。産婦人科医不足が叫ばれて久しい日本において、妊婦が安心して出産できるような体制作りのためには産婦人科医の勤務体制の見直しが必要です。そして彼らが更なる知識と経験を得ることができるように周りも協力していくことが必要です。




Copyright (C) 2015-2018 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.