産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医のFAQ >> 産婦人科医の定年は?

産婦人科医の定年は?

産婦人科医の定年はあるのかという質問にお答えします。どちらかの病院にお勤めの産婦人科医の場合は定年があります。定年の年齢は病院によってまちまちですが、概ね65歳が一般的のようです。定年してからも自分で開業する方もいらっしゃいますし、或いは元々産婦人科を開業していらっしゃる方でしたら定年そのものはありません。産婦人科医として80歳を超えても現役で分娩や手術を行う方もいらっしゃいます。お勤めの産婦人科医の場合、勤務体制などがかなり厳しい過酷である場合が多いので、定年前に病院を退職されたり、或いは分娩を辞めて婦人科検診のみをされたりする方もいらっしゃいます。産婦人科の仕事は24時間緊張していなければならず、当直が多かったり、当直の日はほとんど睡眠をとれなかったりするので、体力的にかなりきつい仕事です。そのため、定年が来る前に分娩から離れてしまうケースが多々あります。

せっかく産婦人科として知識と経験を蓄えてきたのに退職してしまってはもったいないです。特に現在は若い医師が産婦人科を敬遠する動きがあるために日本の産婦人科医の数はどんどん減ってきています。背景には産婦人科医の仕事は当直が多く24時間体制の過酷な労働条件の下で働いているという事や訴訟リスクが極めて高い科であるという現状が産婦人科離れに拍車をかけているのです。日本の産科体制は危機的状況にあると言われていますから、尚更年齢的な理由で産婦人科医を退職させたくないというのが多くの女性たちの本音かもしれません。

定年と設定されがちな60代は経験が豊富な医師が多いので、年齢を理由に退職させてしまってはもったいないです。どの病院でも経験豊富な産婦人科医は引く手あまたなので、年齢を重ねても働き続けることができる病院へ転職することをおすすめします。そうでなければ、産婦人科医の減少が危機的状況にある日本にとって社会的損失となるからです。地方の病院では採用にあたってスローライフを提案している所もあり、転職を機に第二の人生を歩むという選択肢もあります。一つの節目として転職を考えても良いでしょう。

産婦人科の仕事は生命の誕生を支えることだったり、不妊治療など遺伝や生殖の研究から派生する仕事であったり、子宮がんなどの婦人科系の病気の治療だったりします。あらゆる分野が未開拓であり、今後の少子化の流れの中で特に需要がある仕事の一つと言えます。産婦人科医の仕事はやりがいを感じるダイナミックな仕事ですから、定年を意識せずに働くことができる方法を模索してください。




Copyright (C) 2015-2018 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.