産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】

産婦人科医求人TOP >> 産婦人科医のFAQ >> 産婦人科医の労働環境は?

産婦人科医の労働環境は?

産婦人科医の労働環境はかなり厳しいものがあると言わざるを得ません。一部のメディアでは産婦人科医の労働環境を「劣悪」という表現をしています。それは休むことのない24時間体制のオンコールや、当直回数の多さ、そして休日の取りにくさが挙げられます。分娩に土日祝や深夜のお休みはありませんから、産婦人科医が24時間体制で患者のケアに当たらなければならないのですが、医師の確保が出来ていないと一人当たりの負担が大きくなってしまうので疲労困憊してしまう産婦人科医が続出しています。ただでさえ忙しい産婦人科医の職場なのですが、これに加えて産婦人科医は女性医師の割合が高いために働き盛りの20代、30代の医師が自身の出産や子育てのために産婦人科医になって5年くらいで常勤勤務を辞めてしまうというケースが多々あります。忙しい職場であるために、医師自身が家庭と仕事の両立が難しくなってしまうのが原因と言われています。

産婦人科医の労働環境を改善するために日本産科婦人科学会では行動計画を発表しました。これによると、総合周産期母子医療センターに常勤医師を20名以上配置してリスクの高い出産に備えたり、産婦人科医の主治医制を廃止し交代制にしたり、或いは病院内に保育施設を作って女性医師が働きやすくしたりするなどを提案しています。このように少しでも産婦人科医が心身に負担なく仕事ができるように配慮した取り組みを掲げています。

また産婦人科医の数自体が減ってきているので、若い医師が産婦人科に進むようにしていくことや、体力の限界から産科から遠ざかっていくベテラン産婦人科医が長く現場で働いていけるよう働きやすい環境を整えることなどが必要とされています。産婦人科医にかかる妊婦自身の意識改革も産婦人科医の労働環境を改善するために必要です。例えば妊婦検診を必ず受けるとか、主治医を持つなど、とても簡単なことですが、おろそかにしてしまう妊婦が多いのが事実です。このような妊婦さんに急な体調の変化が起こっても、運ばれた先の産婦人科医は状態を把握するのに時間がかかって迅速な対応ができなくなってしまいます。患者側である私たちも自分たちの体調に気を配ることで産婦人科医と長く付き合っていくことができます。産婦人科医の労働環境を改善することは日本の産科体制が充実することに繋がり、日本全国の妊婦さんたちが安心して出産ができるようになりますので、産婦人科医の労働環境の改善を病院任せにせず、地域全体で取り組んでいくことが急務と言えるでしょう。




Copyright (C) 2015-2017 産婦人科医求人ランキング【※人気NO.1サイトはココ】 All Rights Reserved.